刀剣ナビ

刀剣を発見してから買取を頼むまで

刀剣を発見してから買取を頼むまで

刀剣を発見してから買取を頼むまで 刀剣は発見してから所持をしたり売買したりすることは可能ですが、それには流れに従った行為をしなければなりません。少々複雑な点がありますがルールとして覚えておくことが必要です。
まず発見したら、その場所の近くの警察署で発見届というものを提出しなければなりません。これを出して許可が下りると銃砲刀剣類登録証が交付されると共に所持や売買が可能になります。
売却などでこの登録証が必要になります。そこから買取を頼みたいなら、はじめに公共財団法人の方に鑑定を依頼して刀剣を見てもらい、それから普通に買取にするかオークションで売買するかのどちらかを選びます。
直接であればその場で査定が完了し、査定金額などの詳細を経てその場で現金に換えることができます。
オークションの場合発見したものを交換会のオークションに出され、古物許可証を持った偉い方々数十名が査定してそれを購入していくという形になります。
こちらは所持していた方には現金は渡されませんが発見したものは美術館に飾られます。
刀剣の発見から買取までこのような流れとなりますが、この流れは前述の通り発見したらしっかり届け出を出してから進むのでそこには気を付けていただきたいものです。

刀剣を買取業者に売却する際に注意すべき点とは?

刀剣を買取業者に売却する際に注意すべき点とは? 所蔵している刀剣を売却するときには、いくつか注意すべき点があります。
まず第一に、対象の刀剣に銃砲刀剣類登録証がついていることを確認してください。遺品整理中や蔵の整理中に覚えのない刀が見つかることがありますが、その刀が未登録ならばまず所轄の警察署に行って届出をして、登録証を発行してもらう必要があります。
これを怠ると違法所持の状態になりますし、当然ながら未登録の状態では売ることも許されません。
登録証を紛失した、汚れたり破れたりしている、というときには警察ではなく都道府県の教育委員会に連絡し、再交付してもらいましょう。
売却手続きにあたってこの登録証は必須となっており、刀剣本体と一緒にやり取りされますので、コピー等の代替は不可となっています。もちろん身分証明書も忘れずに用意してください。
そして売却先ですが、プロの鑑定士がしっかり査定してくれる専門の買取業者を選ぶことが大切です。
一般的なリサイクルショップでは買取を拒否されたり、正当な価格をつけてもらえないことがありますので、専門の買取業者に正確な査定額を出してもらうようにしましょう。
専門の買取業者が地元にないときは、出張買取や宅配買取サービスを利用すると便利です。

「刀剣」に関するおすすめリンク

刀剣の豆知識や連載小説などを紹介する刀剣専門店のサイト

刀剣